中古車の価格はこうして決まる。

中古車を購入したいと思ったときは購入価格が大切なポイントとなってきます。新車の場合は、目的のクルマが決まっている場合がありますが、中古車の場合はまず予算があって、それに合わせて購入するクルマを決める人が多いので、支払い総額がどうなるか十分に検討しなといけませんし、また、中古車販売店の営業の方も予算に合わせて自社の在庫の中からお客さまに紹介していこうとする傾向が強くあります。
従って、中古車はどのように販売価格が決まるのか、その仕組みや、相場を知ることが賢く中古車を購入出来る秘訣となってきます。

 

新車と違って中古車というのはどれ一つとして価格が決まっていません。これは、中古車はいろいろな条件が車毎に異なるので致し方ないのですが、逆に言えば、価格は有ってないようなものだとも考えることが出来ます。
こういう事が中古車市場の常識なのです。
ですから、私たちが中古車を購入したいときは、本当にその車の価値を見極めて購入しないと割高な買い物になりかねません。一方で、うまく価値を見極めて交渉できれば、割安でお得な買い物となる場合もあります。

 

ここで大切なのは、中古車の価格がどうやって決まるか仕組みを知っていると本当の価値を知る参考になります。中古車の価格は、買い取り価格に販売店の利益が乗せられて決まります。そして、一般的には、販売価格の15〜20%の利益が乗せられて販売価格として表示されているのです。さらに私たちが購入するときは、この販売価格に諸費用が追加されます。例えば、100万円の販売価格の中古車の場合は、利益が約15万〜20万円含まれていて、さらにここに諸費用が約20万円程度かかりますから、結局、総支払額は約120万円となってしまいます。

 

また、車のモデルや、色などによっても価格が異なってきます。
一般的に輸入車の場合、例えば、ベンツとかBMBですが、これらは買い取り価格の下落が非常に大きいのですが、輸入車は人気がある場合が多いので、販売価格を高く設定でき販売店としては、仕入れ値を安くできて、販売価格を高く設定出来るので利益を多く取れる美味しい中古車になるというわけです。

 

国産車でも同じように分かりやすいのは、プリウスとかアクアです。非常に人気があって見かけない日はないほど町中を走っています。これらが車検に近づいてくると一気に中古として下取りなどで、中古市場に出てきます。
要は供給が多くなるので、必然的に買い取り価格(仕入れ価格)は下がります。プリウスを下取りにだすお客さんに取っては損なのです。しかし、プリウスは非常に人気があるので、販売価格となると高く設定出来るのです。
このような事が、ボディーカラーでも起きます。その代表的なのがシルバーとかホワイトですね。

 

こういう事情を知っているだけでも、自分の予算にあった中古車を選ぶときの作戦を立てやすくなります。
あと、注意しないといけないのは、中古車販売店で勧めてくるのは基本的に自分の会社にある在庫車なのです。
これは当たり前と言えば当たり前なのですが、けしてお客さんの予算に合わせて、中古車を探そうとはしません。
ですから、購入予算を販売店に伝えた段階で、あの手、この手で、自社在庫を紹介してきます。
もし自分が欲しい目的の車があるのであれば、まずはインターネット等で中古車を検索して見つけてから、その販売店へ出向く事をお勧めしたいです。
このようにすると欲しい中古車の相場感も分かってきますので、販売店と交渉する時に必ず役にたってきます。

 

中古車は本当にたくさんあります。その中からお買い得な良い中古車を見つけるためには以上のような特徴を理解した上で適正な販売価格を見極める目を持ちたいものですね。